ADSLと光回線の違い

ADSLと光回線どっちがいいの?

ADSLと光回線どっちがいいの?

「ADSLと光回線の違いが今イチわからない」
「ADSLと光回線とでは、どちらがいいのか迷っている」
という方も多いことでしょう。そんな方に向けて、こちらではADSLと光回線の違いをご紹介しています。ご参考にしてください。


ADSLと光回線の比較

ADSL

ADSLは「伝送損失」という現象によって、自宅や会社の場所(インターネット接続を行う場所)がNTT基地局から遠ければ遠いほど通信速度が遅くなります。また、通話によるノイズやその他家電製品によるノイズなどにも影響を受けやすく、時間帯や状況によっては速度が大きく変化することもあります。

工事期間

ADSLの場合は、通信に従来の電話回線を使用するため、工事の必要がなく1~2週間程度でインターネットが開通できます。

光回線

光回線は光ファイバー専用回線を使用するため、距離や外的要因による影響は受けず、安定した速度を確保できます。ノイズなどによる信号の減衰が少ないために、上り下りに関係なく最大100Mbps前後の速度を維持し続けることができます。

工事期間

通常お申込みをしてから回線が接続されるまで1~3ヶ月程度かかります。
最近では1~2週間で工事が完了する地域も増えています。光ファイバーがあらかじめ引き込まれているアパートやマンションの場合は、約1週間で開通となる場合もあります。

ADSLと光回線の比較表

ADSLと光回線の違いを詳しくご紹介します。ご参考にしてください。

  ADSL 光回線
最大速度 下り:50.5Mbps
上り:12.5Mbps
下り:100Mbps
上り:100Mbps
回線の共有 電話用のメタル線を契約者ごとに1本占有 ファミリータイプは電話局から電柱までの光回線1本を最大32人で共有
マンションタイプは1棟で1本の光回線を共有
通信の安定性 周辺の電話回線や空気中のノイズに左右される 光回線はノイズの影響を受けづらいので安定している
NTT局舎との関係 距離が遠くなると速度低下 関係なし
無線LAN(オプション) 利用可 利用可
IP電話(オプション) 利用可 利用可
ひかり電話(オプション) 利用不可 利用可
月額料金 2,000~5,000円程度 3,000~7,000円程度
初期費用 無料~10,000円程度 無料~30,000円程度
解約時の料金 事業者やISPにより異なるが、通常は無料かADSLモデムの返却送料のみ 通常は無料だが、光回線の配線状況により回線撤去工事費がかかることもある
乗り換えの簡単さ ADSLからADSLへの乗り換えは、旧契約を解約してからでないと新契約の開通が出来ないので、1~2週間程度インターネットが出来ない期間が生じることがあります。
ADSLから光回線への乗り換えは、光回線が開通してからADSLを解約すればいいのでインターネットが出来ない期間がありません。
乗り換える新しい契約の利用が始まってから、光回線の解約をすればいいので簡単です。但しマンションタイプの場合は、光回線を解約してからでないと新しいサービスに申し込めない場合があります。その場合は、1~2週間程度インターネットが出来ない期間が生じることがあります。
お申込みから利用開始までの日数 1~2週間程度 2~3週間
導入済マンションなら約1週間前後
(地域の設備状況により1ヶ月以上かかる場合もあります)

費用はかかるものの、安定して高速インターネットを楽しめる光回線。
こちらでは、光回線のメリットをわかりやすくご紹介しています!

光回線にすると、こんなメリットがあります

光回線へのお問い合わせはコチラ

光回線のお申込み、お問い合わせはこちら | まずはお気軽にご連絡ください

Page Top




Copyright © 光回線インターネット導入ガイド All Rights Reserved.