光回線とは

光回線

光回線

光回線とは、光ファイバーケーブルを使ったブロードバンド回線のことです。光ファイバーとはガラスやプラスチック製の3mmほどの非常に細いケーブルで、通常のケーブルのように電気を流すのではなく、光を通して情報を伝えます。ISDNやADSLなどと比べると信号の減衰が少なく、ノイズの干渉に非常に強いのが特徴です。

光回線を使用するには、電柱や道路から光ファイバーを建物に引き込む工事が必要になります。以前は、お申込みをしてから回線が接続されるまで1~3ヶ月程度かかっていましたが、最近は1~2週間で工事が完了する地域も増えています。光ファイバーがあらかじめ引き込まれているアパートやマンションも増えています。この場合は、約1週間で開通となる場合もあります。


最大100Mbpsの圧倒的なスピード

光回線は、NTT局舎から離れた位置で使用する場合でも安定した速度が確保できます。距離・ノイズなどによる信号の減衰が少なく、上り下りとも最大100Mbpsという速さを実現できるのです。

常時接続で魅力的なサービス

光回線を使うことによって、常時安定した大容量通信が可能になります。固定電話に変わる格安の電話サービスや動画配信、通信カラオケなど、ニーズの高い魅力的なサービスが実現できます。

光回線へのお問い合わせはコチラ

Page Top




Copyright © 光回線インターネット導入ガイド All Rights Reserved.